シリア:停戦に向けた国連決議2401

Photo credit: UN Photo/Loey Felipe, 19 January 2018, United Nations, New York

東グータ地域では、シリア政府による虐殺が続く中、停戦に向けた国連決議の調整が行われています。

国連決議2401の内容、採択条件、投票日など、基本的な部分をこの記事にまとめました。

決議内容の詳細については、こちらを参考にしてください。

何を定める決議なのか

主に、3点について定められています。

草稿では、1)30日間の停戦、2)妨げられることのない人道支援のアクセス、3)治療を必要とする患者の避難、を条件としています。

この決議は、シリア全土に適用することを前提としているもので、特別の地域のみ(例:東グータ地域)に適用されるものではありません。

誰が決議を起草したのか

スェーデンとクェートです。

2月6日、国連人道調整官が1ヶ月の停戦合意を呼びかけたことを受け、スェーデンとクェートが、停戦に向けた国連決議を起草しました。

草稿では、シリア全土での停戦合意を提案していますが、イスラム国とヌスラ戦線への軍事作戦は除くとされています。

採択されるための条件とは?

2つの条件があります。

1)1つ目の条件は、9カ国が賛成票を投じることです。

2)もう1つの条件は、(常任理事国により)拒否権が行使されないことです。

シリア紛争が始まった2011年以降、ロシア政府は、これまで拒否権を11回行使しています。

ロシア/シリア政府は、草稿の内容について難色を示しています。

ロシア政府は、具体的な訂正箇所や修正内容については明言していないため、投票時に拒否権を行使する可能性があります。

投票日は?

当初、2月23日に投票が行われる予定でしたが、延期されました。

クウェートの国連大使は、2月24日 17.00 GMT(日本時間 25日午前2時)に投票が行なわれるとしています。

結果は?

2月24日 13.00 EST(日本時間25日午前3時)頃、国連安全保障理事会で投票が行われ、全会一致で国連決議が採択されました。

会議では、国連事務局長は、全ての当事者に対し、国際人道法と人権法を守ること求めました。

しかし、2月25日時点で、シリア政府軍による東グータ地域への攻撃は続いていて、トルコ軍によるアフリンでの軍事作戦も続いています。

参考資料

The United Nations Security Council voted unanimously on Saturday in favor of a 30-day cease-fire in Syria, and demanded immediate lifting of sieges on war-rava...
News and Press Release from Security Council Report, published 22 Feb 2018
The United Nations Security Council will vote on Friday on a draft resolution demanding a 30-day truce in Syria to allow aid deliveries and medical evacuations,...
But hours later, air strikes on the Easter Ghouta resumed causing several casualties, activists say.

スポンサーリンク:
1日あたり150円の支援で途上国の子供たちに希望を

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告